会社でETCカードを作る!!会社利用に便利でお得なETCカード!!

会社でも車を使用して仕事をしている所は沢山います。そこで使って便利でお得なのが、会社専用のETCカードの発行です。ここでは、ETCカードの基礎知識と共に、会社利用に使えるETCカードについて色々ご紹介します。

ETCカードの基礎知識

ETC 法人,ETC 会社

ETCカードとは?

ETCカードは、ETCシステムと言って有料道路や高速道路の渋滞防止の為に開発されたサービスで、そのサービスを利用する為に必要になるカードを指します。ETC車載器にETCカードを挿入する事で、ETCレーンを通過する際に料金所で車を一旦止める事無く、キャッシュレスでの通行が可能です。ETCカードは主に2タイプあって、クレジットカード一体型のETCカードと、クレジット機能無しのETCカードがあります。ETCカードは、カードの盗難や紛失等のリスクを抑える事ができ利便性が高く、利用率は年々増加しており、現在では車を運転する方であれば殆どがETCカードを利用しています。

会社利用で発行できるETCカードの種類とは?

法人カード+ETCカード

一般個人用のETCカードはクレジットカードとペアになっていますよね。法人や個人事業主でも基本は同じで、法人用のビジネスカードを申し込むのが一番シンプルな方法です。しかし、法人クレジットカードを持つには、一定期間の黒字決済が続いているなど、ある程度の業績や信用力が求められます。ETC以外にも資材の購入費や固定費の支払いなどに対応でき、ポイント還元やビジネスサポートサービスも充実と良いことずくめです。

法人ETCカード(クレジット機能なし)

法人・個人事業主専用のクレジット機能のないETCカード。まだ信用情報の乏しい新規事業者でも相互扶助によってETCを利用できるように組織された協同組合が発行しています。当然クレジット審査はないので、事業の実態があるかなど最低限の条件さえ満たされていればOK。なぜ審査がないかというと、協同組合が組合員(カード会員)の利用分をまとめてカード会社に支払う「共同利用」の形をとっているからです。これによりカードの支払いが組合に保証されるので、カード発行会社は申し込み者に対して信用情報・返済能力の有無を審査する必要がなくなります。受付している協同組合に申し込み、組合に加入することで発行されます。

ETCコーポレートカード

クレジット機能のないETC専用カードはもう一つあり、それが大口利用者向けのETCコーポレートカードです。大口、とはいいますが、条件を満たせば個人事業主でも発行・保有が可能です。最も大きな特徴は、「大口・多頻度割引」という独自のETC割引サービスがあること。そのかわり、ETCマイレージサービスには登録することができません。通常の法人ETCカードとどちらを選ぶのが得か、よく吟味する必要があります。

会社でETCカードを導入するメリットとは?

ETC限定の道路割引がある

ETCカードを利用した場合、曜日・時間帯・利用区間によって、通行料割引を受ける事ができます。例えば、休日割引サービスでは、高速利用料金が土日祝日は30%オフになったり、深夜割引サービスでは、曜日に限定されず深夜0時~4時の高速利用料金は毎日30%オフになったり、ETCカード利用者ならではのお得なサービスがあります。

外国車利用者にもメリットがある

ETCカードは、外国車利用者にとってもメリットがあります。日本の料金所の多くは、国産車に合わせて右ハンドル専用型になっています。なので、左ハンドルの外国車の場合、チケットや現金の受け渡しを行う際に、右窓に手を伸ばす必要があり精算時に手間がかかります。しかし、ETCカードが導入してあれば車が勝手に精算してくれるので、今までの精算時の苦労がなくなります。

ETCはノンストップで料金所を通過できる

ETCカードを利用すると、料金所をノンストップで通過する事ができます。なので、料金所の手前で車を停車する事無く、現金を準備せずにそのまま通過できるので手間がかかりません。ETCカードが無い場合は、料金所に停車して並んで待たないといけませんが、そのストレスが無いので時間短縮にもなります。また、ETCカードはお金やチケット等の受け渡し作業が無く、スムーズな運行で渋滞緩和にも役に立ちます。

ガソリン代節約で環境に優しい

ETCカードを利用している車というのは、料金所で一時停車時間が少なくなります。なので、ガソリン代節約にも繫がります。ETCカードが無い場合は、一時停車の際に車の騒音や排気ガスが排出されますが、それもETCカードの導入で軽減されるので、環境改善効果にも貢献しています。

ETCマイレージサービスがある

ETCマイレージサービスは、インターネットか用紙にて登録する事ができます。マイレージサービスでは、利用した通行料に対してマイレージポイントを貯める事ができ、貯まったポイントと言うのは通行料支払いに使用する事が可能です。このように、ETCマイレージサービスとは、各道路事業者に管理されたポイントが付与されるサービスを言います。しかし、現金支払いの場合には、ETCマイレージサービスでポイントは貯める事はできません。

ETCカードと共に法人クレジットカード発行も可能

ETC 法人,ETC 会社

法人クレジットカードとは?

法人クレジットカードとは、事業経費を決済する為の法人向けクレジットカードです。なので、申し込みする事ができる対象者は、個人事業主や法人代表者に限定されており、基本的にサラリーマンは保有不可のカードです。また、法人クレジットカードは、事業で使用を目的とするクレジットカードになるので、年会費は経費として計上が可能になっています。つまり、個人向けのクレジットカードと違って、年会費を気にせず利用できるカードとも言えます。

会社で法人クレジットカードを発行するメリットとは?

① 個人事業主

個人事業主の場合は、個人的な買物、仕事で必要な備品購入、仕事の接待代に至るまで、様々なシーンにおいてクレジットカードを利用する機会が多いですよね。しかし、個人カードを利用している場合、後で利用明細を見ても各支払いが私的か仕事上か、分からなくなってしまう事もあります。そんな時にも、法人クレジットカードを利用していれば、支払い時に公私の区別をしっかりする事ができます。なので、経費確認で明細を見て利用状況をちゃんと把握する事ができます。また、クレジットカード払いで経費を落とす事で、引き落としされる日が固定されるので、キャッシュフロー計算もできてその点も安心です。

② 中小企業

中小企業が法人クレジットカードを利用するメリットには、経理業務の効率化が挙げられます。例えば、今まで、社員の出張時に交通費や宿泊費等を現金仮払いしていた場合、出張後に精算する作業をしますよね。法人クレジットカードを利用すれば、経費が全てカード払いになるので、誰が「何時・何処で・いくら使用したか」が詳細明記されます。なので、現金出納が不要になり、また、経理ソフトと連携させれば入力も楽に行う事ができます。

③ 大企業

法人クレジットカードには、20名以上の大企業向けに提供されているコーポレートカードがあります。このカードも、経費精算や経理の手間が省けるメリットがあります。また、部署や社員ごとに行っていた経費手続きが、コーポレートカードは一元化する事ができます。なので、経理業務の簡略化が実現します。他にも、社員の個人カードで経費精算を行う場合、付与ポイントの問題もコーポレートカードで解決する事ができます。



まとめ

会社で利用可能なETCカードには、色々なタイプがありそれぞれに特徴があります。クレジット機能有り・無し、クレジットカード会社が発行するもの、高速道路会社が発行するもの等、実に様々でETCカードを選ぶ際の基準も色々ありますよね。いずれのETCカードも、経理処理を行う場合に役立ったり、ETCレーン通過時に割引があったり、法人ETCカードのメリットは豊富に付帯されています。会社で利用するETCカードの選び方は、経営状態、年数、どんな機能が必要か、コスト面と言うように、ポイントを絞って選ぶ事ができます。現在、企業でETCカード利用を検討中の方は、自分の企業合った最適なカードを選んでみて下さいね。